2.導入方法

2019年1月11日

2歳児〜5歳児(年長児)の教材の導入例をご紹介します。

2歳児用 導入例

 

使用教材 すくすくどんどん 図形パズル 積木
指導時間・回数 20分×週1回×3ヶ月×3ターム(年間授業回数:42回)
1日の授業の流れ すくすくどんどん  10分
図形パズル/積木 10分詳しい年間授業スケジュールはこちらから

 

年少(3歳児)用 導入例

 

使用教材 すくすくどんどん 学習パズル よみかた絵本 きりえノート 図形パズル 積木
指導時間・回数 20分×週1回×3ヶ月×3ターム(年間授業回数:42回)
1日の授業の流れ 以下の中から3~4単元

すくすくどんどん  10分
学習パズル 10分
よみかた絵本 10分
きりえノート 20分
図形パズル/積木 10分

詳しい年間授業スケジュールはこちらから

 

年中(4歳児)用 導入例

 

使用教材 すくすくどんどん 学習パズル ようじノート きりえノート 図形パズル 積木
指導時間・回数 40分×週1回×3ヶ月×3ターム(年間授業回数:42回)
1日の授業の流れ 以下の中から3~4単元

練習帳  20分
学習パズル 10分
ようじノート 10分
きりえノート 20分
図形パズル/積木 10分

詳しい年間授業スケジュールはこちらから

 

年長(5歳児)用 導入例

 

使用教材 すくすくどんどん 練習帳 学習パズル 図形パズル 積木
指導時間・回数 400分×週1回×3ヶ月×3ターム(年間授業回数:42回)
1日の授業の流れ 練習帳  15分
かきかた  10分
読み方練習帳 5分
図形パズル/積木 10分詳しい年間授業スケジュールはこちらから

 

< 前へ(1.教材の特徴)| 次へ(3.導入・運用の流れ)